長年連れ添ってきたペットは、家族の一員のような大切な存在となります。でも、いつかお別れのときがやってきます。
「万が一、自分がペットより先にいなくなることになったら、この子はどうなるのだろう?」
そのような不安から、元気なうちに、ペットが幸せであり続けられる方法を考えておきたいという方も増えています。
しかし、そこには、飼い主とペットを取り巻く環境や親族関係などによって、最善の解決策が変わってくるという対応の難しさがあります。
ご高齢の方がペットを飼うためのバックアップがない中で、ご親族や地域の方たちの善意をつなぐきっかけとして、ペットに財産を残すという方法があります。

ペットに財産を残す方法
[1]公正証書遺言
[2]負担付き死因贈与契約
[3]信託
当事務所では、ご依頼者様のお話をお聞きして、飼い主とペットにとって一番よい方法を一緒に考えさせていただければと思っております。お気軽にご連絡ください。

各種料金応相談